巻尺

何が違うのか知っておこう

ドクター

どうして痩せられない?

ダイエットすることは、とても簡単に思えて実はとても難しいことになります。その理由は、年齢、体質、そして脂肪細胞が大きく関係しています。思春期の頃は、人によってどれだけ食べても太らない人もいれば、食べたら食べた分だけ太る人もいたでしょう。この差が起こるのは、体質になります。どれだけ食べても太らなかった人は体の新陳代謝がとても良いので、ちょっと運動するだけでも脂肪燃焼することができます。反対に食べたら食べた分だけ太る人は、体の新陳代謝が悪くて体内に老廃物などが溜まってしまい、脂肪燃焼することが難しい体質になります。10代の頃は、この二つの体質のどちらかに分かれるでしょう。しかし、20代に突入して半ばから後半にかけては、ダイエットしてもなかなか痩せないという状況になっていくのがわかってきます。これは、歳を重ねたことで新陳代謝の力が低下してしまって、意識して運動しなければ脂肪燃焼できない状態になってしまうのです。このようなことに大きく関わっているのは、脂肪細胞になります。脂肪細胞は、多ければ多いほど脂肪が多い証拠ですし、どんどん細胞自体が肥大していきます。こうなると小さくするが大変ですし、脂肪細胞を少なくするのも難しい状態になってしまいます。

脂肪細胞を無くすには?

ダイエットで脂肪を無くすには、脂肪細胞を小さくすることになります。これは、食事制限を行ない、適度な運動も行なって痩せやすい体質にしていくことになります。この場合、脂肪細胞を減らすことはできませんが、脂肪細胞を小さくすることができるので痩せることができます。ただ、食べ過ぎたり、運動を全くしなくなったりするとリバウンドしてしまいます。こうなると、痩せる前の体重またはそれ以上の体重になることもあります。しかし、リバウンドせずに痩せる方法があります。それは、美容外科で受けられる脂肪吸引です。これは、美容外科の医師によって気になる部分の脂肪細胞を専用の機器で吸引してもらえます。美容外科で脂肪吸引するとなれば、脂肪細胞を減らすことができます。そのため、リバウンドの心配はありませんし、体型を維持しやすくなります。これが、自力で行なうダイエットと美容外科で受けられる脂肪吸引の違いになります。